ゲームとハイスコアとスコアラーのブログ

ゲーセンゲームのハイスコアとスコアラーに特化したブログです。

ゲーメスト全一37 :1989年12月号

【スポンサーリンク】

今回のゲーメストの全一(ゼンイチ)はこちらです!

 

ゲーメストは講評も画像として挙げられるので、書く側としては楽に構えられるなぁ。^o^;

 

おおよそは講評の通りなので私が書く事は特になし!

 

・・・と言う事で、まずはご了承ください。。m(_ _)m

 

~~~~
各スコアラーさんともスコアネームに一言を添える方が増えてきましたね。

 

トップ目6タイトルはCYCLONE-HURRICANE氏以外、全て一言が付いているではないですか!

 

一言がついていると面白いものも多いのではありますが、

 

ついていない方が凄味が増すと個人的に思っておりますため、

 

HURRICANE氏のハイスコアに対する誠実な姿勢が伺えたりするのでありました。

 

・・・と書きながらですが、HURRICANE氏は文字数が長いから一言が入らないだけかしら?

 

・・・とも思いました。。^o^;

 

~~~~
スーパーモナコGPはスコアネームの一言と講評欄の内容がリンクしているように見えます。

 

記録は伸びても伸びてあと1秒だろうという事で。

 

個人申請のジョイグラップというお店は笹塚駅前の地下にあったゲーセンかな?

 

私が笹塚のゲーセンで働いていた時代によく訪れたものであります。

 

ダライアスIIはPC巣鴨とハイテクノーベル神保町の連射装置は基板のソフト連射よりも早いとの解説付き。

 

私はダライアスIIは地元足立区のサンシャインゲームセンターでプレイをしていましたが、

 

ソフト連射の設定にして欲しいとお店に頼んでも非常に長い間渋られていたという記憶がありますなぁ。

 

「連射があると誰でもクリアが出来て面白くないんじゃないかな?」

 

・・・というのがお店側の主張でしたが、

 

私も「楽をしたいからつけて欲しい」という観点のみでお店にお話をしていたので、

 

「楽して長時間遊ばれると困るなぁ」

 

と、お店側も思っていたのだろうなと回想するのであります。

 

まだまだ連射装置に対してですらゲームセンター側の考え方とマニアな客層(私達)の考え方が

 

あまり一致していない時代でもありました。

 

「ハイスコアを狙うのならば良い装備、良い環境を」

 

と願うスコアラーと、

 

「一般のお客さんが混乱するような(ボタンが1つ増えると疑問が生じるため)ものは無い方が良い」

 

というお店側の考え方とのすり合わせ、話し合いなどが、

 

全国各地のゲーセンでも結構あったのではないかなと推察しますね。

 

~~~~
他に思いついたところで言いますと、

 

「多くのゲームで多くのスコアラーが全一を獲得している」

 

という、全体を追いかけづらい状況となってきまして私としても大変なのですが、

 

それぞれのゲームにつきましては本ブログの読者様それぞれにてお楽しみ頂ければ幸いなのであります。<m(_ _)m>

 

次回に続きます。^o^

 

ZBL-rajiame 拝

f:id:ZBL-rajiame:20190911095301j:plain

ゲーメスト1989年12月号 君こそゲーメスト より