ゲームとハイスコアとスコアラーのブログ

ゲーセンゲームのハイスコアとスコアラーに特化したブログです。

昔話10 :サンシャイン時代とパリティビット時代のでのある出来事

【スポンサーリンク】

先日昔から知り合いのスコアラーのK氏と会食をした。

 

K氏は私の地元足立区のサンシャインゲームセンターというところで知り合った。

 

ある日突然彼がサンシャインに現れ、スコアラーだったので話をするようになり、いくつかのゲームではハイスコアも争ったりした間柄だ。

 

彼は当時は私などよりは全然ハイスコア熱が高く、私がゲームに全く関係がない「戦え軍人君」という漫画の話を他の仲間としていたら、

 

「え!GUN人!?なんの話をしているの!?」

 

と、食らいついてきたので、

 

「吉田戦車の漫画の話だよ」(※)私は吉田戦車が大好きであった。かわうそくんとか流行っていた当時が懐かしい。(笑)

 

と言うと、

 

「なんだ~。GUN人じゃないのか」

 

とがっかりしていた。

 

私は恥ずかしながら当時RVS-GUN氏の存在を知らなく、それから考えてみても当時の私のハイスコア熱はたかが知れているというのもわかる。

 

そんなハイスコア熱の高かったK氏と最近偶然コンタクトが取れるようになり、先日の会食に至ったという訳である。

 

K氏との会食の中で、「栃木のゲーセンに結構行っていて、スコア集計店の〇〇にも行ったことがあるなぁ。」

 

と話が出てきたので、私は何となくだが、「じゃあCさんって知ってる?」と聞いたところ、

 

「ああ、知っているような気がするけど、はっきりと覚えていない。」という話になった。

 

ちなみに私はこのCさんにはお会いしたことが無く、パリティビット時代に一度電話口で会話を交わしただけだ。

 

そして、パリティビットの先輩スコアラーさんと仲の良い方であった。

 

「そのCさんって、もしかしてスコアネームにらじあめくんの名前も付けていた人じゃない?」

 

「あ、そうだと思う。パリティビットの先輩と仲がいい人なんだよ」

と話をしていて、

 

「ああ、少し記憶が戻ってきた。その人だったら栃木のゲーセンで会ったとは思う。」

となり話は繋がった。

 

こういったちょっとした出来事でも私だけでなく多くのスコアラーさん達がブログに残していくと、

 

風土記として価値のあるものが出来上がるに違いないと思いながら、まだまだブログを続けていこうと思うのであった。

 

と、簡単な内容で恐縮なのではあるが、今回の稿は以上とさせて頂く。

 

ZBL-rajiame 拝

 

▼戦え!軍人くん

戦え!軍人くん - Wikipedia

 

▼雷電DX全一表示 ベーマガのサイトより

f:id:ZBL-rajiame:20190328090727p:plain

雷電DX全一表示 ベーマガのサイトより