ゲームとハイスコアとスコアラーのブログ

ゲーセンゲームのハイスコアとスコアラーに特化したブログです。

ゲーメスト全一113 :1995年8月30日・9月15日号

今回は1回目の集計のゲームが9タイトル。新作が沢山出ているのですなぁ。

 

もしかしますといつもと同じような新作の数なのかもしれませんが、こうして改めて「1回目集計」のように表示されると多く見えてしまうんですよね。

 

今まであまりちゃんと見ていなかったという証でもあるんですけどね。

 

しかし、ゲーメスト全一の日記も113回目だというのに「あまりよく見ていない」というのも惰性で書いてしまっているなぁというのが自分でわかってしまうのであります。いかんいかん。^o^;

 

ストライカーズ1945はWXW氏がこれは早々と2周ALLでしょうねぇ。凄すぎます!

 

WXW氏はアツいプレイスタイルがこちら関東では伝説になるぐらいの方でございました。

 

数々の伝説を持つお方ですので、関西方面で目の当たりにしていた方々には語って頂きたいものなのであります。^o^

 

バイパーフェイズ1はJAG-H.S先生が当時ぶっちぎりで全一を獲得しております。

 

私はPC-巣鴨でプレイをしておりましたが全然攻略が出来ていなかったのを何故かMFC-軍曹氏が

 

「ドラ博のを荏原に見に行こう!!!」とやたらと誘ってくれていたのが不思議な思い出なのであります。^o^;

 

そうしてH.Sさんに6面と7面の全てを教えて頂いてから私もガッツリとプレイをする流れとなったのですが、

 

H.S氏の教えがありませんでしたらもしかしたら素通りをしたゲームになっていたかもしれません。

 

そしてコメント欄にも結構細かく書かれているのですが、今でも「究極の点数」にはちょっと遠い状況で最終スコアとなっているゲームなのでありました。

 

自分がやっていたゲームなのでありますが、究極の点数は今はもう精神的に厳しいなと思うのであります。^o^;

 

1回目集計のゲームに関しては毎回結構細かく講評が書かれているのでかなり参考になると思いますね。

 

そして2回目集計のツインビーヤッホーは書かれている通り全一プレイヤーが変動していて、「ノーマル」部門の全一は越谷のユング師匠なのであります。

 

当時正にツインビーヤッホーが流行っている時のベーマガかゲーメストのどちらかの締切日に、八千代プレイランドのGACHAPIN氏やB-SATSUMA氏がトーヨコに訪れて、

 

その時のトーヨコのF店長の遠征客へのもてなし方と、

 

それとは逆に常連スコアラーのユング師匠への塩対応っぷりが面白かったり申し訳なかったりということで、

 

八千代の飲み会では今でも語り草になるネタなのでありました。

 

私もF店長のユング師匠に対するメチャメチャ軽いノリ&オレ様の舎弟的な扱いがいつも面白いなと思っていましたねぇ。^o^;

 

そういえば初めにトーヨコ北越谷を私に紹介してくれたのはユング師匠だった。(笑)

 

首領蜂もBタイプでトーヨコにてNAI氏が獲得していてかなりトーヨコがノッてきているのが分かるのでありますが、

 

私としましてはCタイプの近江からの使者氏がこのゲームでも全一獲得ですか!

 

・・・という驚きの方が大きいのであります。

 

バツグン、極パロ、ダラ外、首領蜂・・・で全一獲得し続けているって、異常すぎじゃないですか?^o^;(書き洩らしの全一もあるでしょうし。。)

 

そしてセーラームーンではれべるさんではないですか。お元気かなぁと個人的に思ったり。^o^;

 

その2に移りまして私の身近にいたスコアラーさんはNAZ氏。

 

対戦ゲームが何でもメチャ強くて、ごろたんやY.Nさん達と共に、沢山対戦をした記憶がありますなぁ。

 

とにかく反応速度が速くてその才能がハイスコアでも発揮されていたという感じなのでありました。

 

まぁ、彼は私等より大分年下の世代でしたが、いつの時代も若くて上手い人にはかなわないなと思ってもいたりしました。

 

そのごろたん氏は町田のYOU2でもガンバードをやっていたのですな。

 

これは全然記憶になかったなぁ。

 

その3に移りまして、スコアはその1の解説ですが、エアーコンバットって限界点があったのだなぁとちょっと感心。

 

ティンクルピットのYMT氏は今回はPC-巣鴨でスコアをだしておりますな。段々巣鴨にスコアラーが戻ってきているのであります。^o^

 

そしてソルダムではなくガイアポリスの方を書かせて頂きたいのが、あげおさん。

 

ボクが時々ネタにしている「あげおた むのすけ」というのがあるのですが、

 

このガイアポリスのスコアネームの表示のされ方から、某スコアラーさんが

 

「あげおた  むのすけって人ね」

 

と、区切る場所を間違えて覚えていたのが私的にメチャツボだったというそれだけの話なのでありますが。。。^o^;

 

まぁいつも「あげお たむのすけ」で通っていたお方ですので、

 

「あげおた」は大間違いだろ!!

 

・・・と、間違えてお読みになったスコアラーさんには大先輩の方でしたので突っ込みはしませんでしたが、

 

当時かなり面白かったので私的には気に入っておりました。

 

ちょっとどうでも良すぎる話に力を入れすぎましたね。^o^;あげおさん、ごめんなさい。(反省)

 

ナックルヘッズはこれだけWGFC-N'SA氏が獲得しているにも関わらず、私の頭の中でははいご氏のネームが印象に残っておりました。

 

ブラッドヴェイクだけスコアが高かったからかしら。。? ・・・等と思ったのでありました。

 

そして今回の講評欄の最後にウソスコアに対する厳しいコメントが。

 

まぁウソがそのまま一番になっちゃうとハイスコアという競技自体が台無しになってしまうので、

 

厳しい姿勢というか普通のフローでハイスコアの承認をお店には行って頂きたいのでありました。(今更ですが)

 

・・・次回に続きます。(*‘ω‘ *)

 

ZBL-rajiame 拝

 

f:id:ZBL-rajiame:20191216230656j:plain

f:id:ZBL-rajiame:20191216230707j:plain

f:id:ZBL-rajiame:20191216230719j:plain

ゲーメスト1995年8月30日・9月15日号号 君こそゲーメストより