ゲームとハイスコアとスコアラーのブログ

ゲーセンゲームのハイスコアとスコアラーに特化したブログです。

ゲーメスト全一102 :1994年12月15日号

【スポンサーリンク】

名作ダライアス外伝の登場であります。

 

7コース中4コースは関東勢、3コースは京都と滋賀の関西勢で全一を分け合う結果となりました。

 

ダラ外は大人気過ぎて各コースとも全国50位とか100位ぐらいの人まではいたのではないでしょうか。

 

その中でGGE-LOGIN氏が初回2コースも制覇していたとはメチャ驚きました。

 

ヒノーズ下井草でも順番待ちのスコアラーさん達が沢山いたかと記憶しておりますが、

 

LOGIN氏は下井草ではなくプレイスポットアテナ(これはどこのアテナだったのでしょうかねぇ)で全一をたたき出しております。

 

そして下井草ではHIR氏とYUJ氏が全一スコアをたたき出しているという見事なコンビネーションなのであります。

(でもこれで「他の店でだすんじゃない!」みたいなことを言われたら理不尽ですな。^o^;)

 

関西勢はGAMES's WiLLっぽくないT.Clue-KOS氏とWiLLの代表者って感じのAFO氏、そして滋賀の近江さんが全一を獲得なのであります。

 

流石の近江さんも連射付きでの申請でありますが、もしかしたら密かに連なしもプレイされていたかも知れないなと思いました。

 

ガンバードはNAI藤君のクリアがメチャ早かった。

 

しかもヤンニャンをやったら割とすぐにクリアしたという話を当時聞いておりました。

 

初めはマリオンでプレイしていたけれど、ヤンニャンをやったら弾が消せて簡単だった。。みたいな話ですが、これは過去のブログでも書いたかもしれないです。

 

ダライアス外伝のお陰でその1がとても興味深いページになったので個人的に今回のハイスコアコーナーはかなり好きですね。

 

その2に移ると相変わらずソニックウイングス2や大江戸ファイトにリッジレーサー2でのお馴染みのスコアラーさん達の全一獲得が目立ちます。

 

こういう時に全国2位とかにはどういうスコアラーさんが位置していたかが知りたかったりしたいのでありました。

 

その3を見ていつも通りに感想を書こうかと思いましたが、講評欄に大体私と同じ内容で書かれているのを見てちょっと笑えました。

 

この集計結果を見たら大体同じような事を思ってしまうということですかな。^o^;

 

そして集計すればするほど訂正が発生するのが見ていて可哀そうにも思えてきたり。。

 

月に2回刊行でこの数字の羅列を手作業集計するのは要するに無理目という事なのでしょう。

 

・・・・最近同じことばかり書いているなぁ。

 

月に2回の集計だから、全一の結果も大体に通ってしまうので、感想や講評も同じようになってしまうという事でありましょうか。

 

・・・・というところで次回に続くのでありました。<m(_ _)m>

 

ZBL-rajiame 拝

 

f:id:ZBL-rajiame:20191203225226j:plain

f:id:ZBL-rajiame:20191203225237j:plain

f:id:ZBL-rajiame:20191203225251j:plain

ゲーメスト1994年12月15日号 君こそゲーメストより