ゲームとハイスコアとスコアラーのブログ

ゲーセンゲームのハイスコアとスコアラーに特化したブログです。

ベーマガ全一48 :1988年3月号

【スポンサーリンク】

今回のベーマガの全一(ゼンイチ)はこちらです!

 

トップ目の究極タイガーは1000万点達成が全国6店もあります。

 

究極タイガーは個人的には高難易度ゲームだと思っているのですが、

 

この頃の全国の上手いプレイヤーさん達の数と攻略スピードを考えると、

 

このぐらいの達成するお店があって当たり前だったのかも知れませんね。

 

A-JAXはKOM氏でしたか。

 

私の下手だったA-JAXを見ていて「そんなんじゃ全然だめだ」

 

みたいなことをよく言われていたような気がしますなぁ。

 

バミューダトライアングルとかイグジーザスではそこそこホメられておりましたが、

 

A-JAXでは割とボロクソに言われてましたね。そんな思い出話でした。^o^;

 

今回は全体的にサラっと流させて頂きますが、

 

パックマニアのBOSTON氏のお名前を見まして、

 

やっぱりパックマニアは高難易度に耐えうるスーパースコアラーさんが全一を獲得するものだなぁと思いました。

 

・・・しかし23面がクリアされておらず。。ホント大変なゲームですねぇ。^o^;

 

忍は前回のベーマガとゲーメストではJAG-WOP氏、JAG-AXI氏と、JAGの方々で全一が継がれていたのでありましたが、

 

こちら今回のベーマガでは大船キャロットハウス(神奈川)のGAT氏が全一獲得となっております。

 

おめでとうございます。^o^

 

アフターバーナーIIは1500HITオーバーで、もうずっと佳境でしたよね。

 

毎回ちょっとずつ伸ばされていき、「どこまで伸びるんだー」みたいな印象だけは持っております。

 

ジェミニウイング、KOM氏なのかー。

 

・・・って、知っていたのではありますが、

 

A-JAXと同時全一となるとこりゃ~凄いですなぁ。

 

ソニックブームはGMC-N・K氏。

 

このゲームも地味にメチャメチャ難しいゲームでしたので

 

こちらも高難易度ゲームということで本領発揮のN・K先生なのでありました。

 

他。→毎日ホドホドに語っているため、特に語れるゲームは無いのでありますが、

 

フルスロットルのG/P豊中-三代目 氏の存在が気になりました。

 

あともう一つ、というか3つ程なのですが、

 

スーパーハングオンでSTAC-V(ニコニコ商事)氏とHART-S.C西村知美&ばいばい氏がどなたなのか?と、

 

アチャ~かんべんして下さいよ~! というスコアネームがゲーメスト1988年3月号の、

 

「前回スーパーハングオンの記録が抜けていたのをおわびします。SOL君ごめん」と連動しているのか?

 

というところが気になりました。(これはハズレの気がします。)

 

・・・と、いつもと同様ですが、気にしなくてもいいところと気にしながら、

 

次回に続くのであります。<m(_ _)m>

 

ZBL-rajiame 拝

 

f:id:ZBL-rajiame:20190823141044p:plain

f:id:ZBL-rajiame:20190823141056p:plain

f:id:ZBL-rajiame:20190823141110p:plain

以上全て ALL ABOUT マイコン BASIC Magazine のサイトより。

 

 

RYU-TMRのレゲー解体劇場 - 昭和アーケードゲーム編 - (ガムコミックス)

RYU-TMRのレゲー解体劇場 - 昭和アーケードゲーム編 - (ガムコミックス)