ゲームとハイスコアとスコアラーのブログ

ゲーセンゲームのハイスコアとスコアラーに特化したブログです。

ゲーメスト全一120 :1996年3月30日号

私は当時お店が星を獲得する事にはそれほど執着はないスタンスのつもりではいましたが、相変わらずPC-巣鴨の星を数えている痕跡があります。

 

数えているだけで星を獲得する戦略は立てていなかったので、「ただ数えていた」という、今考えますと割と無駄な作業をしていたなと思いますね。^o^;

 

この時はこういった無駄とも思えることが、ただただ楽しかったのです。

 

まずはぱっと見でGGE-WXW氏、VXV氏、K.N氏が輝いてますね。誌面からオーラが出ています。^o^;

 

UYK氏やCYCLONE-R.T氏、IZK氏にKIW氏と関西勢がとても目立ちます。

 

毎回目立っているのではありますが、今日は私が比較的落ち着いて観る時間がありますもので、感想としては「関西勢、強いなぁ~」

 

という風に思えてしまうのでありました。

 

その1ではPC-巣鴨は6個ですね。(と、自分の通っていたゲーセンについてはやっぱり目が行ってしまいますね。)

 

その2はソニックウイングス3でGAME'S WiLLが大量に全一スコアを出しております。殆どWXW氏になっていてすごいです!

 

キャラ別の是非も問われそうではありますが、集計開始時の状況によってキャラ別をするかしないかの判別がなされるので、

 

結果としてはいた仕方ないという事になりますな。

ですので☆の数だけが実力でないというのと、私もこのように星とか全一に囚われるようになっているので、

 

本来のアーケードゲームやハイスコアの楽しみ方を見失わないように気を付けていきたいモノなのであります。(; ・`д・´)

 

その2のページで気になるところはアルペンレーサーで新井さんがハイスコアを出すぐらいプレイをしていたことをすっかり失念していましたのと、

 

ブラック魔王氏がデイトナIIIで中級の全一タイムを出していたというところでありましょうか。

 

この頃のデイトナIIIの住所は今とは違うところでしたっけ。。。?と、全然無知な私なのでありました。(´・ω・`)

 

そして今回はその3までを見まして一番面白いのは講評欄のP様氏のノリでしょうと思ったのであります。

 

昔のVG2からゲーメストになりたての頃のようなノリが勢いがあって素晴らしいなと思いました。(^o^)

 

今回はハイスコア通信のお店から(1)と担当者からの2つを乗せさせて頂くのでありますが、

 

お店から(1)とあるのでお店から(2)があるのかと思ったのですが、(2)は特になく担当者からのページに続いていたのでありました。

 

お店からが1で担当者からが2つ目ってことでしょうかね。

 

・・・・と、特にクレームではないのですが、素朴な疑問として書かせて頂いたところで、

 

次回に続かせて頂くのであります。(^o^)

 

ZBL-rajiame 拝

 

f:id:ZBL-rajiame:20191222191509j:plain

f:id:ZBL-rajiame:20191222191521j:plain

f:id:ZBL-rajiame:20191222191531j:plain

f:id:ZBL-rajiame:20191222191543j:plain

f:id:ZBL-rajiame:20191222191602j:plain

ゲーメスト1996年3月30日号 君こそゲーメストより