ゲームとハイスコアとスコアラーのブログ

ゲーセンゲームのハイスコアとスコアラーに特化したブログです。

ゲーメスト全一77 :1993年4月号

【スポンサーリンク】

ストIIダッシュターボにガンネイル、途中は省略して得点王までが初回集計であります。

 

リーサルエンフォーサーズがPC-巣鴨で個人申請ですが、このTERRORIZER氏は実はLIE君だったりします。この頃のLIE君はメタルっぽかったからなぁ。

 

確か以下のバンドだったと思うのでありました。

 

▼テロライザー
https://bit.ly/34BKwbj

 

クイズ激烈スクランブルは最近飲み会にて時々遭遇する、ブラック魔王氏ではありませんか。ノーチェックでした。(きっと本人も全一だったの忘れていると思います。^o^;)

 

他さらっと流していますが、今回はG.F.A.というサークル名が目立ちますねぇ。

 

そういえば私はG.F.A.の語源については全く存じ上げない状況でありました。

 

結構長く続いていたサークルのような気がしますが、今後の流れを確認なのであります。^o^

 

その2の注目ポイントとしてF/Aのオート連なしのHTL-NowWin!(ら)氏をイチ押しさせて頂きます!

 

このタイミングでNowWin!氏が復活していたとは本当に全くノーマークでしたので、大分感激しました。^o^

 

あとはバーチャレーシングツインタイプミディアムでもLIE君がMFC-観月ありさで個人申請しているところかしら。

 

・・・という、至極個人的なつながりに対して注目をしているだけなのでありました。^o^;

 

観月ありささんの上には高沢一成さんもいるけどスルーをしておこう。

 

むしろ富士山バスター (歌舞伎)のESSAY-ABN(翔)氏の方が注目ポイントだ。

 

あれだけ沢山キャラがいるのに1キャラのみ更新とは、全体的にどのキャラも点数が天井に近づいているという事なのでありましょうか。

 

昔富士山バスターについてABN氏(と書くよりゴリさんと書いた方がなじむなぁ。(笑))から「もうやりたくないゲーム」と語りを聞いておりましたので、

 

結構限界まで攻めあげていたものではなかろうかと推察したのでありました。果たして真相や如何に?(全然余裕ありますよとか言われそうですが。^o^;)

 

他、達人王にてベジータ氏が自己ベストをじりじりと伸ばしているところと、発売後大分経過しているタイトルなのに☆が付いているところが注目ポイントでありましょうか。
(確か申請数が4店以上だと☆が付与される)

 

名作だからこそ、長きにわたって楽しまれたゲームだったという証左と言えましょう。

 

他、ブランディアがウソスコアだったらしいのでつい前回を見返してしまいました。

 

現役時代は見返すことも無かったと思うのですが、こうして記録が残されてしまうという事は、

 

スゴイスコアからヤバいスコアまで全部が残ってしまうという事ですから、ある意味過酷です。^o^;

 

・・・こうして見ていくと改めて発見することも多く、

 

自分でも驚きや興味深い事が多くて勉強になるなと思いながら、

 

次回に続かせて頂くのであります。(*‘ω‘ *)

 

ZBL-rajiame 拝

 

f:id:ZBL-rajiame:20191105224202j:plain

f:id:ZBL-rajiame:20191105224224j:plain

ゲーメスト1993年4月号 君こそゲーメスト より

 

 

リーサルエンフォーサーズ デラックスパック

リーサルエンフォーサーズ デラックスパック