ゲームとハイスコアとスコアラーのブログ

ゲーセンゲームのハイスコアとスコアラーに特化したブログです。

ゲーメスト全一60 :1991年11月号

【スポンサーリンク】

今回のゲーメストの全一(ゼンイチ)はこちらです!

 

初めはサンダークロスIIとD.D.クルーから。

 

講評欄では集計についてのルールやいきさつなどが書かれておりますが、

 

私はこの2つのゲームというとビッグキャロット京都の事を思い出すのであります。

 

季節と大学の休み等の時間軸の辻褄が合わないので、実際はどうだったかなと頭を悩ませているのですが、

 

AMショー(じゃないゲーム系のショーかも知れないですし、うろ覚えです。。)の帰りにワルノリをする数名が、

 

「このまま帰るのはナンだから、今から京都のビッグキャロットにでも行ってみるか!」

 

と、誰ともなく言いはじめ、行く具体的なきっかけは、上記のワルノリしか思い出せないのですが、突如京都に行くことになりました。^o^;

 

大学時代前半は年に1、2度関西に遠征をしていたのでいろいろごっちゃになり、この時の正確なメンバーさんを忘れましたが、

 

PC-駒沢の常連さんたち2~3名と、八千代の高沢氏&西新井から私プラスかっぱ氏(忍者コンバットで活躍をした(笑))の

 

大体5-6名ぐらいだったかなというところであります。

 

・・・見ると忍者コンバットの全一だった人がもう一名、ツアーのメンバーに入っていました。(KOMEGUNY氏)

 

忍者コンバットつながりの遠征だったのか。(笑)

f:id:ZBL-rajiame:20191011190454p:plain

 ALL ABOUT マイコン BASIC Magazine のサイトより。

 

~~~~

突如行って夜遅くに到着して、まずはビッグキャロットを訪問し、そして旅館を手当たり次第に探しました。(駒沢の常連さんが。)

 

そしてなんとか空きのあった旅館を見つけて良かった良かったということで、チェックインギリギリまでビッグキャロット京都でゲームをしておりました。

(もしかすると、チェックインはぶっちぎっていたかも知れない。^o^;)

 

そして旅館の大浴場でのんびりしてから「じゃあ、明日は朝一でビッグキャロットね。」という事で早々と(?)眠りについたのでありました。。

 

(※)この時の旅行の様子っぽい動画が家に残っているので、後でこの動画がこの時のモノかどうかを確認してみなくちゃなぁ。。。と、独り言。^o^;

 

~~~~~

・・・そしてビッグキャロット京都に朝から到着をし、それぞれゲームにいそしんでいたわけなのであります。

 

この時私等は「ベジータ氏の出たビー見たいなぁ病」にかかっており、出たビーの椅子に座る人座る人、みんながベジータ氏に見えたものであります。(笑)

 

この時駒沢のK氏は座った小学生を指さして、「あれがベジータかも知れない!」と、京都に来る前からのワルノリの余韻が続ているのでありました。

 

この時はボクも小学生がベジータ氏に見えてしまいましたね。^o^;

 

・・・・と、このままではゲーメストの全一というよりは私の昔話がひたすら続いてしまうので、この辺りで止めておきましょうか。(笑)

 

夕方頃に私がD.D.クルーで自己ベストの点数が出たのでハイスコア申請をしまして、

 

これがきっかけで常連さんと話をするようになったような気がしますが、

 

それ以前に他の駒沢のメンバーさんが常連さんに話しかけていたのかも知れないです。この辺りもうろ覚えで申し訳ないですが。。。。

 

そしてこの時に申請をしたスコアが全一となった訳なのですが、

 

申請後に常連さんと話した時に「東京ではサンダークロスIIはどのぐらい流行ってます?」というような会話を交わしたりとか、

 

ビッグキャロット京都では店内スピーカーにサンダークロスIIの音声出力をつないでいたようで、

 

常に店内にサンダークロスIIのプレイ音が流れているというのがとても印象に残っているのでありました。と言うか、サンクロIIのBGMが頭にこびり付きました。(笑)

 

・・・・という以上のいきさつから、「サンダークロスIIとD.D.クルーといえばビッグキャロット京都を思い出す」

 

という話に戻るのでありました。

 

・・・ああ、話が長かった。^o^;

 

~~~~~~
この遠征は帰りも強行で、上記ハイスコア申請をしてサンダークロスII等の話をして、駒沢のK氏がUYK氏とI氏に「また来ますねー」

 

と挨拶を交わして帰りの電車に乗って帰ったのでありました。(しかも鈍行で適当に帰って、朝方到着したというおぼろげな記憶が。。^o^;)

 

その前にもオマケがありまして、ビッグキャロットを出ようとした丁度その時に、

 

何とTYRANT-HIM氏が遠征でビッグキャロット京都に到着したという絶妙のタイミングだったのでした。

 

まだこの頃はHIM氏と私たちはそれほど話をする間柄ではなかったのですが、

 

HIM氏が、

 

「あれ?来てたんだ。丁度いい、京都の人紹介してよ」

 

・・・と、言われたのですが、我らはこの時帰りの電車を急いでいたのと、

 

HIM氏もキャロットの常連さんに来ることを事前に知らせてあったという事らしかったので、

 

「それなら大丈夫っすよ。申し訳ないけどボクたちちょっと急いでいるので、出ちゃいますね」

 

・・・・と、帰りを急いでしまったのでありました。

 

これが後々災いを招くのですが、まぁそれは追い追い書くに違いないということで。(笑)

 

・・・・また長くなりました。まぁ、この頃は若かったという事ですかね。^o^;

 

~~~~~~
もうハイスコアはどうでも良くなってきましたが、^o^;

 

ラッドラリーからチャリオット(連)までの罫線がバグっているぞと思いました。

 

そしてクロスブレイズはロイが3名1000万点達成かつアーノルドがはむはむさんの個人申請で

 

しかもはむはむさんこの頃PC-駒沢に出入りをしていたのか~と思いました。

 

そう言えば旅行に行ったメンバーの一人は

 

はむはむさんと仲が良かったなというのも思い出しました。(笑)

 

・・・・今回はこんな感じの昔話が多くなったなぁ。。^o^;

 

ドンプルのじーぶーさんはベーマガだけでなくゲーメストでも全一だったとは!これは知らなかったので驚いたのであります。

 

その2に移りましてコットンは2周目部門でついにイエティさんが登場。

 

・・・なのですが、1周目部門はどんぞうさんかなぁ?等と思ってしまったのであります。(個人的な回想ですみません。。m(_ _)m)

 

この頃のコットンをやりそうな池ラス勢というとあともう一人ぐらいいそうな気もしますので、一体誰なのかが不明なのであります。

 

ハットトリックヒーローの個人申請は西友の最上階にあった越谷キャロットハウス。

 

ショッピングに来たファミリー層向けのゲームコーナーでしたから、筐体もナムコの小さいコンソレットで平和なゲームコーナーでありました。

 

でも越谷の猛者達がここで全一スコアやそれに近いスコア、

 

そしてストIIの対戦もなかなかの猛者が沢山いましたので、

 

ファミリー向けというには程遠いゲームコーナーでしたね。(笑)

 

平和なゲーセンのフリをして、達人王2周クリア一番乗りの人も出入りをしていたという訳なのであります。^o^;

 

・・・ホント今回は話が脱線するなぁ。^o^;

 

出たな!!ツインビーは京都のしおしお君!!ベジータ(ま) 氏ということでありますが、私たちは京都で見ることが出来なくて残念でした。(笑)

 

エドワードランディはGNP氏 = 高澤くんではないですか!

 

今回の記事では「京都弾丸ツアーのカメラマンだった人」という事だけまずは書かせて頂きますが、(笑)

 

エドワードランディというと高澤氏というのが一般的な高澤氏への印象なのではないかと思います。

 

ミカドさんのイベントでもランディ、やっていたかしら?

 

いや、ウルフファングだったかも知れないなとうろ覚え。

 

今回は本当にうろ覚えが多いなと、大変申し訳ないなと、思った次第なのであります。(苦笑)

 

・・・と、今回はハイスコアとは全然関係ない話が頭に浮かんでくることが多く、支離滅裂で申し訳なかったのでありますが、

 

これにて完了とさせて頂くのであります。<m(_ _)m>

 

次回に続きます!^o^

 

ZBL-rajiame 拝

 

f:id:ZBL-rajiame:20191011190403j:plain

f:id:ZBL-rajiame:20191011190413j:plain

ゲーメスト1991年11月号 君こそゲーメスト より

 

 

BACK IN THE GAMADELIC!!~DATAEAST ARRANGE ALBUM~

BACK IN THE GAMADELIC!!~DATAEAST ARRANGE ALBUM~