ゲームとハイスコアとスコアラーのブログ

ゲーセンゲームのハイスコアとスコアラーに特化したブログです。

ベーマガ全一57 :1988年12月号

【スポンサーリンク】

今回のベーマガの全一(ゼンイチ)はこちらです!

 

ゲーメストでは「番外地」だった霊界導士がベーマガでは最上段に表記されているのが面白い。

 

以下は全てをささっと流しますが、^o^;

 

最後の忍道はノーマルランク部門が今回は更新されていない・・・

 

というぐらいに難しいゲームだということですね。(; ・`д・´)

 

オーダインは「ハイスコア製造マシーンMr.まさし君」

 

・・・という一言ネームは、お店の担当者が命名したに違いない。(笑)

 

スコアネームに一言添えるスコアラーさんが段々増えてきた感じですね。

 

本人の意思かどうかの真意は今となってははかりかねますが、

 

今でも続くハイスコア文化の一つの特徴ということで。^o^;

 

~~~~
スクランブルスピリッツはゲーメスト12月号に続いてG.M.C.N.K氏が全一獲得。

こうして結果だけ見るとN.K氏がダントツな印象を受けますが、

 

2位、3位はどうなっていたのかが気になりました。

 

「2位以下は全部0点」

 

・・・って、厳しいコトはやっぱり言えないですね。(苦笑)

 

~~~~
カベール、餓流禍、獣王記と並べるセンスが良いなと思いました。

 

福井県のハイスコアサークルの「SHS」もかなり全一獲得者が出ていますねぇ。

 

パワードリフトは荏原ゲームコーナーの面々が

 

「ベーマガ申請の為に!」

 

ゲームブティック高田馬場(東京)に乗り込んで

 

全一タイムをたたき出しております。(と、勝手な推測で書いてます。^o^;)

 

ベーマガではBコース、Eコースで

 

ゲームプラザイエローハット(愛知)のタイムが全一レコードということで、

 

やっぱり荏原の面々 VS イエローハットという構図が続いております。

 

~~~~
P47は福井県のSHS-PFN氏が全一獲得という事で、

 

ゲームセンター大野プレイランド(福井)に大変興味が湧いてきました。

 

お店検索をしてみましたところ、

 

やっぱり大量に全一獲得がなされているのでありました。^o^

 

その画像を貼り付けさせて頂きまして、

f:id:ZBL-rajiame:20190830103556p:plain

・・・次回に続きます!^o^

 

ZBL-rajiame 拝

 

f:id:ZBL-rajiame:20190830103610p:plain

f:id:ZBL-rajiame:20190830103617p:plain

f:id:ZBL-rajiame:20190830103624p:plain

以上全て ALL ABOUT マイコン BASIC Magazine のサイトより。

 

 

ゲームセンターあらし 炎のDVD-BOX【初回限定:オリジナルレトロゲームドットデザインTシャツ付】