ゲームとハイスコアとスコアラーのブログ

ゲーセンゲームのハイスコアとスコアラーに特化したブログです。

ベーマガ全一42 :1987年9月号

【スポンサーリンク】

引き続きベーマガの全一画像からです。

 

ドラゴンスピリットはゲーメストの点数と全く同じという事で解説はスルーさせて頂きまして、^o^;

 

Rタイプが初回から2周クリアだったのって衝撃的ですねーーーーー。(個人的にですが)

流石はG.M.C. N.K氏。今見ても宇宙人レベルです!^o^;

 

1943は初回集計から1P、2Pも部門別も行われ、どちらの部門も全16面クリア達成。

1943に関しましては当時ゲーメスト編集部の山河悠里氏が初プレイALLクリアして話題になっていた記憶があります。

 

あと、私のイケナイ過去も今後の記事で登場する予定ですが、また触れなくてはいけないのが辛い。(笑)

  

www.high-scorer.net

 

・・・皆様も辛い過去がありましたら一度だけは直視して、未来に向かって改善していきましょう。^o^;

 

~~~~

ライフフォースもゲーメストと同じ点数でありますな。

 

HTL-Y.N氏もSPREAM-K.W氏も要するにぶっちぎりの点数をゲーメストの締切時点でたたき出し、

 

その後は抜かせるスコアラーがいなかったという事の証なのかも知れませんね。

 

当時そういう状況だとしたらやっぱり凄い。

 

あと考えられる状況としては、Rタイプの発売時期という事もあって、ドラスピやライフフォースよりは皆さんRタイプに移ったのかも知れません。

 

・・・やるゲーム多くて大変な時代でしたね。誠に良き時代でありました。( ̄▽ ̄)

 

今回のベーマガはざっと見て「スーパーハングオンとかダライアスはもういちいち見るのが大変だなぁ」

 

という印象が出てきたのですが、皆さまは如何でしょうか。

 

コース別、キャラ別、部門別は今後90年代になりますともっと顕著な形となって現れますが、

 

あまりいっぺんに多く表示されても読者側が消化できないなぁという状況も生み出していたのではないかと推察されます。

 

まぁ今回私がパッと見た印象ですから要するに個人的偏見でありますので、

 

この辺りは当ブログの皆様が思い思いに感じて頂ければ幸いなのであります。<m(_ _)m>

 

~~~~

・・・しかしアウトランのタイムは信じがたいほどに速いなぁ。。。。

CHAT-YOU.A氏とHTL-ねこニャンぼうわよう氏によるサンペデックナムコランド(千葉)の独占状態なのであります。(; ・`д・´)

 

ミッドナイトランディングはゲーメストのスコアから5ポイント高いスコアです。争いは佳境だなぁ。

 

バトランティスは異常に難しゲームだったという記憶がありますが、初回は全32面のうちの半分の16面で全一だったのであります。

 

バトランティスは当時もありましたが永パのウワサが現代でもあるのですが、

 

当時は「無理だろう」とスコアラーの中で判定が下されておりました。今後の状況や如何に・・・?(; ・`д・´)

 

~~~~
「バレット」・・・・?

 

初めて聞いたゲームだ・・・・・。    ・・・・・情報求ム!

 

というところで、次回に続きます。<m(_ _)m>

 

ZBL-rajiame 拝

f:id:ZBL-rajiame:20190818105130p:plain

f:id:ZBL-rajiame:20190818105138p:plain

f:id:ZBL-rajiame:20190818105149p:plain

f:id:ZBL-rajiame:20190818105159p:plain

以上全て ALL ABOUT マイコン BASIC Magazine のサイトより。